来客用布団セット

来客用布団セットの選び方

来客用布団セット

 

 

来客用布団セットの選び方は色々な場合が考えられます。
ご両親や親戚、友人、上司や部下の来客、様々なシチュエーションが考えられますが
行き着くところは布団があるかないか。

 

そんな時来客用の布団セットがあれば間違いありません。

 

来客用布団セットの選び方では様々なタイプの布団セットをご提案。

 

いざ来客がという時の為に。

 


来客用布団が必要な時期

来客用布団が必要な時期をシーズン別に考えると

 

お盆 :お盆の帰省で田舎に戻ってくる子供たち、息子夫婦、娘夫婦を迎え入れる為に。
夏休み:長い夏休みに息子夫婦の子供たちが遊びに来る、というおじいちゃんおばあちゃんも多いのでは。子供を迎える時の布団セット
お正月:年末年始の短くも忙しい時期ですが、帰省のピーク!子供たちが実家に帰ってくる際は来客用布団セットがあると便利
ゴールデンウィーク:最近のゴールデンウィークは連休が多い。帰省する夫婦も多いはず布団セットが重宝します。

布団の種類

 

一口に布団といってもいろいろな種類があります。

 

多分真っ先にイメージできるは今自分が使っている布団だと思います。

 

実際には色々な種類の布団がありまます。

 

見た目ではわからないものもあるのので、布団を選ぶ際はよく表示を確認したほうがよいかもしれません。

 

 

 

日本ふとん協会 ふとんの用途・素材ごとの特性

綿(コットン)素材の特徴

繊維に撚りがかかっており弾力性、保温性が良い。また、吸湿性も優れている。打ち直しも可能である。

 

合繊(ポリエステル)素材の特徴
軽く、弾力性があり、保温性が良い。また、ホコリが出ず、衛生的である。ホコリに敏感な人に向いており、取り扱いも楽である。

 

羊毛(ウール)素材の特徴
保温性が良く、吸放湿性にも優れている。また、弾力性が良く、難燃性でもある。蒸れ感が少なく、さわやかである。

 

羽毛(ダウン)素材の特徴
軽く、嵩高性があり保温性に優れている。また、吸放湿性にも優れている。蒸れ感が少なく、さわやかである。

 

真綿素材の特徴
繊維が細く軽く柔らかく保温性に優れている。肌沿いも良い。

 

 

あれ?思ったよりも種類少ないなというのが率直な感想です。

 

なぜなら、デパートの布団売り場に行けばいかにも種類がたくさんあるイメージだからです。

 

 

どうしてそう思ったかといえば、大別の種類は少なくとのその中の派生した種類が大変多いからです!

 

 

合成繊維に関しては色々なテクノロジーと結びついて人に快適な素材を日々開発しているからではないでしょうか。

 

ダウンやウールにしても、ランクや産地などでかなり細分化されます。

 

綿と真綿に関してはその違いすら分かっていませんでした><
綿(木綿)はアオイ科の植物ワタ属ワタからとれる繊維です。
真綿は、蚕の繭(まゆ)からつくる繊維です。

 

 

色々な種類の繊維からできるたくさんの種類の布団。
たくさんあって迷ってしまいますね。

 

自分に合った布団を探すための参考に。

 

 

更新履歴
page top